FC2ブログ

建築系職人2.0

町の便利なクロス屋さん公式ブログ。バージョンアップし続ける職人になるため道中記

第12回【基礎知識】はがれ(めくれ)にくいクロスの考察

 張替え現場の一番の懸案事項は、「はがれる」か「はがれない」かです。

 これは、結構大問題なのです。というのも、はがれにくいことで生じた時間は、利益に反映されないからです。つまり、単価は同じなのです。

 この、はがれないクロスの理由を、考察していきたいと思います。

 とはいうものの、原因はよくわからないのです。職人によって、その認識はマチマチです。

◎乾燥説・・・クロス(ビニール)が乾燥して、繋ぎ止める力が弱まった(朽ちた)ため

◎ボンド・シーラー説・・・糊の接着剤能力を高めるために、混ぜ合わせたボンドや、下地面に塗布するシーラーによるため

◎材料説・・・クロス(ビニール)の種類によるちがいのため。発泡系クロスははがれにくい。乾燥説にもつながる

◎下地湿潤説・・・湿度が高い環境で、下地の表面が乾ききっていないときに施工したため。モルタルなら塗ってちょっとしてから貼ったり、ボードも仕上げてちょっとしてから貼った(ボードは積み重ね保存のため非乾燥)。糊の接着剤が下地内部の水分に誘引され、接着範囲が浸透していった

 ざっと、こんなもんでしょうか。

 乾燥していても、はがれるものもありますし、ボンド使用ならすべてがはがれにくいはずなのに、はがれる部屋もあったりします。

 下地湿潤説は、梅雨の時期をいいますが、これも、同じ時期に貼っているのにもかかわらず、はがれる部屋もあれば、はがれにくい部屋もあるのです。

 いろんなケースがあるので、どれも断定できないのです。となると、複合的に起こる事象かもしれませんね。個人的には、材料説ですかね…。

DSC_0165.jpg
ボードの表面の紙まではぎとってしまい、裏地のグレーが露出!

DSC_0164.jpg
唯一残る部分は、皮肉にもパテ部分・・・!

DSC_0163.jpg
白い部分が、クロスの裏紙がきれいに残った、本来あるべき状態



-------------
 次回の更新日は1/14です
-------------

 | ホーム | 

プロフィール

インテリアこうち

Author:インテリアこうち
2001年からフリーランスの内装職人。2005年に「町の便利なクロス屋さん」を開設。

リンク

コメントについて

当ブログへのコメントは受け付けておりません。工事依頼はリンクの「町の便利なクロス屋さん」からどうぞ!