FC2ブログ

建築系職人2.0

町の便利なクロス屋さん公式ブログ。バージョンアップし続ける職人になるため道中記

第21回【コラム】コロナ対策

 対岸の火事だったはずが、またたく間に世界に飛び火しました。

 暗い話をするとキリがありませんが、発生当初の「正しく恐れる」のとおり、ウィルスというものを深く知ることが大事ですよね。

 仕事ができなくなったり、雇いどめを受けたひともいるようです。さいわい、わたしは仕事が切れることなく、いまのところふだんどおりの日々です。仕事をいただけるお客さんに感謝です。

 予防についてですが、現場仕事では、水道がつかえなかったりして、手洗いうがいの徹底には限界があります。

 「現場」とは、だれかの「住まい」になりますので、だれかの住まいにウィルスを残すことにもなります。

 そこで、こちらができる対応として、手すりやドアノブにスプレーをかけて消毒することです。

 室内では、換気ができない場合には超音波式噴霧器を持ち込み、次亜塩素酸水入りの水を使用します。

 これは、空気中のウィルスを消毒したり滅菌する作用があります。花粉症にも効くそうです。しかも、人体には無害です。

 このように、現時点で考えられる対策を講じることが、工事人としてのせめてもの取組みです。

DSC_0481.jpg
■次亜塩素酸水入りの噴霧器です。空間を殺菌します。かすかにプール消毒臭がしますが、個人的にはお気に入りです笑

DSC_0482.jpg
■消毒スプレー装備です。

 自覚症状がなくても他人に伝染してしまう、だれもが「運び屋」になりうるのが、コロナウィルス怖さです。ですから、自分自身がウイルスホルダーと想定して行動することが、感染爆発をふせげますよね。

 ちなみに、コロナよりも恐ろしいのは、鳥インフルエンザH5N1です。ウイルスが変異して人間に伝染った場合、致死率は驚異の50%といわれています。

 いまから100年くらい前にも、「スペイン風邪」が流行りました。これもインフルエンザです。

 感染者はなんと5億人。当時の世界人口の1/4です。死者数は数千万人といわれていますから、致死率は数%でしょうか。我われは、スペイン風邪に免疫で打ち勝った子孫なのです。

 とはいえ、じつはいまでも、インフルエンザが生じたことによって亡くなるかたは、毎年1万人はいますし、世界でも数十万人はいます。

 死者数だけみれば、結果的にはコロナよりもインフルエンザのほうが強力です。

 スタッフには、殺菌スプレーと次亜塩素酸水入りの噴霧器を持たせ、必要あらば使用させます。

 また、免疫力を高めるためにも、乳酸菌飲料や発酵食品を毎日摂り入れるように促しています。

 どのみち、インフルエンザは流行り続けますし、新たなウイルスも出現するといわれています。これが時流と考えて、このような対策をやり続けるしかありません。

 コロナウイルスには、はやく季節性インフルエンザに「降格」してもらいたいものですね。

 一日もはやく終息を願います。

 | ホーム | 

カテゴリ

お知らせ (1)
コラム (9)
基礎知識 (8)
基本技術 (1)
上級技術 (3)

最新記事

プロフィール

インテリアこうち

Author:インテリアこうち
2001年からフリーランスの内装職人。2005年に「町の便利なクロス屋さん」を開設。

リンク

コメントについて

当ブログへのコメントは受け付けておりません。工事依頼はリンクの「町の便利なクロス屋さん」からどうぞ!