FC2ブログ

建築系職人2.0

町の便利なクロス屋さん公式ブログ。職人による職人がもっと上へ行くための道中記。

第2回【基礎知識】パテの上にクロスがつかない理由

 「パテの上はクロスがつかない」

 これは、むかしから言われていることです。

 結論を言うと、パテにつかないのではなく、ペーパー(サンダー)で擦った粉がパテ上に残り、クロスの裏面の糊を「飛ばす」のです。

 パテにクロスはつきます。実際、総パテ(全面パテ)をしてクロスを貼っても、はがれてくることはありません。

 単に「パテにクロスはつかない」と思うのではなく、その理由をしっかり認識することが大事です。

 理由を知らないと、その対策もできないのです。原因は「粉」なので、粉を取りのぞけば、ピッシャリつきます。

 ちなみに、「つかない」という事実は、都合のいいことでもあります。それは、下地を拾わなくさせるからです。

 下地を拾わないということは、クロスの表面がフラットになるということなのです。パテあとを出さないのですね。

 そんな、下地がまったく出ていないクロスの張替えの現場にかぎって、はがすとパテの部分が浮いていることがあります。

 また、パテ上でジョイントをしている場合は、ジョイントが浮き浮きになっていたりします。これも、粉による接着不良の結果なのです。

 前任者は、懸命にペーパーを擦りまくり、それによって出た大量の粉が糊を飛ばし、結果的に下地の露出を防いだのです。

 皮肉なことですが、これもペーパーをする意義のひとつなのです。

 ですから、パテの上でのジョイントは、かならず浮いてきますので、避けるべきなのです。

 しょうがなくジョイントをしたり、総パテの場合なら、ジョイント部分だけ粉を取りのぞく必要があります。水ローラーを転がすだけでも効果はあります。



-------------
 次回の更新日は10/7です
-------------

 | ホーム | 

プロフィール

インテリアこうち

Author:インテリアこうち
2001年からフリーランスの内装職人。2005年に「町の便利なクロス屋さん」を開設。

リンク

コメントについて

当ブログへのコメントは受け付けておりません。工事依頼はリンクの「町の便利なクロス屋さん」からどうぞ!