FC2ブログ

建築系職人2.0

町の便利なクロス屋さん公式ブログ。職人による職人がもっと上へ行くための道中記。

第5回【コラム】クロス貼りはどうやったら上達するか

 むかし、ドラえもんの作者の藤子・F・不二雄に、漫画家志望のひとがたずねました。

 「どうやったら漫画がうまくなりますか」

 「漫画を描き続けなさい」

 巨匠の答えはそれでした。

 クロスも、貼り続ければうまくなります。

 いまはYouTubeがあるので、それを手本にして貼ればいいのです。

 さて問題は、職人でも上手い下手がいることです。

 手先が器用かどうかもありますが、もっと大事なことは、根気です。

 柄物クロスを除くクロスのクレームは、ひとつしかありません。それは、表面に黒い部分がないかどうかです。

 黒い部分とは、汚れやスキマです。白いクロスの場合、表面は白のはずなのです。デコボコによる影も、黒になります。

 表面に黒があると目立ちます。それがクレームというわけです。

 黒をなくすなら、スキマならコーキング、ジョイントならその対策、デコボコなら下地処理が必要です。
 
 それらの対策をコツコツやれば、クレームのない仕上がりというわけです。

 ちなみに、手先が器用というのは、コツコツした作業を苦もなくできるひとのことをいいます。つまり、根気が最初から備わっているのです。

 「オレは不器用だから」と言うひとがいますが、手作業においての根気がないだけです。

 もし、ガンダムのプラモデルをきれいに完成させたら1億円もらえるとしたら、だれもが根気よく作業に取り組むはずです。

 根気があるひとは、たとえ1億円もらえなくても、何かしらのやりがいを自分で見つけて、取り組むことができるのです。

 そういう根気をもとに、よい仕上がりを目指せる人間が、上手な職人です。

 ですから、上手な職人は、だいたい暗い人間です。コツコツチマチマやるからです。

 いかに自分に根気を持たせるかが、職人としての分水嶺です。



-------------
 次回の更新日は11/7です
-------------

 | ホーム | 

プロフィール

インテリアこうち

Author:インテリアこうち
2001年からフリーランスの内装職人。2005年に「町の便利なクロス屋さん」を開設。

リンク

コメントについて

当ブログへのコメントは受け付けておりません。工事依頼はリンクの「町の便利なクロス屋さん」からどうぞ!