FC2ブログ

建築系職人2.0

町の便利なクロス屋さん公式ブログ。バージョンアップし続ける職人になるため道中記

第8回【基礎知識】クロスの汚れの正体は

DSC_0116.jpg

 古いクロスに、茶色い汚れがついていたりします。

 じつはこれは、クロスの糊の痕(あと)です。

 施工の段階で、糊のついたクロスの裏地が、仕上がったクロスにベチョっとついてしまうのです。

 糊については、職人はあまり関心を持っていないように思います。「スポンジで拭けばいいよ」と、軽く思っていたりします。

 スポンジで拭いて、糊が落ちれば苦労しません。意外とむずかしく手間なのです。

 糊が取れたかどうかたしかめるには、手でさわればわかります。ヌルっとしてたらまだついています。

 ほとんどの職人は、手でさわりません。スポンジで拭いたという行動意識が、自分を納得させるのです。それで、スポンジで拭いただけで終わるのです。

 そもそも、なぜ糊をつけてしまうのかというと、職人は施工で必死なのです。とにかく仕上げて帰る…の思いです。こういう職人がほとんどです。

 写真は、じつは吹抜けの天井付近です。ですから、よけいでも施工に必死になり、糊をつけないように仕上げる気持ちが希薄になります。

 職人の技術の限界は、こういうところでわかります。

DSC_0117.jpg
●くっきり手形の跡が・・・!

 また、工期の問題があります。ほとんどの現場は、工期がありません。なぜないのかというと、大工工事の部材の発注漏れやミスによる遅延や、むずかしい造りによる施工の遅れです。

 それらのシワ寄せは、クロス屋に降りかかります。それで、急いで貼ることになり、必死になるというわけです。

 糊拭き取りの問題は、わたしはつねに考えていました。それで、ついに解決したのです。

 仕上がったクロスと枠に、95%は糊をつけずに施工する方法です。それについては、いずれお話したいと思います。



-------------
 次回の更新日は12/7です
-------------

 | ホーム | 

プロフィール

インテリアこうち

Author:インテリアこうち
2001年からフリーランスの内装職人。2005年に「町の便利なクロス屋さん」を開設。

リンク

コメントについて

当ブログへのコメントは受け付けておりません。工事依頼はリンクの「町の便利なクロス屋さん」からどうぞ!